So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

東京都千代田区「神田御台所町」の由来 【東京都】 [東京都]

東京都千代田区にある「神田御台所町(かんだおだいどころまち)」。「御台所」が妙に気になる地名ですよね。 旧地名は、「神田明神下御台所町(かんだみょうじんしたおだいどころまち)」です。 この町は「神田明神」として親しまれている神田神社の裏手エリアです。明暦3年(1657年)の明暦の大火以前は、日蓮宗の幸龍寺や曹洞宗の万隆寺が領有する区域でした。 しかし、この大規模な火災によって神田エリアも多くの建物を焼失していまいました。そこで、被害の規模に教訓を得た江戸幕府は、火に強い町づくりをはじめました。「延焼き防止のために、大きな寺院は市中の外へ移転させる」という新政策によって、かつて寺社領だったこの町は、場内の御台所賄方(おだいどころまかないかた)の武家屋敷として、再建されました。「神田御台所町」という地名は、これに由来するものといわれています。ちなみに、御台所賄方とは、江戸城内の食事の調達、調理などを担当している役職のことです。 その後の寛文12年(1672)、この「神田御台所町」には、多くの町屋(商人と職人の住居)がつくられ、町人の町として発展していったそうです。呉服屋や足袋屋などがあったことが「江戸買物独案内(えどかいものひとりあんない)」にも記されています。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

秋葉原 由来 [東京都]

「秋葉原(あきはばら)」は家電製品やパソコン、アマチュア無線、鉄道模型などを売る店舗が多いことで知られる街です。最近では人気アイドルが歌って踊る劇場やメイド喫茶などでもお馴染みになっていますね。

秋葉原の地名は火伏の神様として信仰を集める「秋葉大権現」に由来します。秋葉大権現は秋葉山(遠江・現在の静岡県浜松市)の山頂に祀られている秋葉神社の神様です。古来から秋葉山に棲む山岳神であり、三尺坊という修験者が神格化されたものという説もあることから「秋葉三尺坊大権現」と呼ばれることもあります。

信州出身の修験者であった三尺坊は、越後で修行中に行法によって天狗となりました。その後、観音菩薩の化身に秋葉山まで運ばれて安住の地と定めたそうです。三尺坊の三大誓願の一つに「我を信ずれば失火と延焼と一切の火難を逃す」とあるように「火の神」でもありました。

明治2年(1869年)、東京で大火が起こったため、事態を憂慮した明治天皇は現在のJR秋葉原駅構内(千代田区神田花岡町)に火伏(防火)の秋葉大権現を祀る神社を置くこととしたのです。それが現在の秋葉神社の前身である鎮火社でした。

鎮火社は秋葉大権現が祀られていることから、近隣の住民に「秋葉様」「秋葉さん」と呼ばれて信仰を集めることとなります。その住民の呼び名が「秋葉原」の地名の由来となったのです。


竹橋 由来 [東京都]

「竹橋」の由来の一つにもともとこの橋が竹を編んで架けられたものだから「竹橋」と名付けられたという説があります。また、後北条時代にこの橋の近くに家臣在竹四郎が住んでいたからという説もあります。

竹を編んで造られたとされる由来はいつ頃の話なのでしょうか。

それは1590年(天正18年)までさかのぼります。時代は徳川家康が江戸に入城したころのことです。「竹を編みて渡されしより」ということばが残されており、それがこの「竹橋」の由来ではないかと言われています。竹橋は歴史的な出来事の舞台にもなってきました。

「竹橋騒動」と呼ばれる出来事です。明治初期に近衛兵の兵営が竹橋付近の北の丸に置かれました。1878年(明治11年)に西南戦争の論功と減給に不満を抱いた近衛兵たちが反乱を起し、大隈重信邸に発砲したのです。

現在の竹橋は1926年(大正15年)に関東大震災の復興事業により架設されたものでコンクリート製のアーチ型です。1993年(平成5年)には補強改修工事がなされ、周囲には東京国立近代美術館、科学技術館、日本武道館などがあります。たくさんの歴史を目撃してきた竹橋は現在もこれからも歴史を刻み続けていくことでしょう。


小川町 由来 [東京都]

神田「小川町」の由来は何でしょう?

江戸時代において小川町は現在の神田の西側半分をさして呼ばれていました。その昔、鷹狩に使うための鷹が飼育されており、鷹匠がそのあたりに住んでいたことから「元鷹匠町」と言われていたそうですが、1693年(元禄六年)に小川町と呼ばれるようになりました。

名前の由来は清らかで美しい小川が流れていたからと言われています。また別の説としては「小川の清水」と名付けられた池があったからとも言われています。またまた別の説では江戸城を築いた室町時代の武将太田道灌が小川町の風景を見て「むさい野の小川の清水たえずして岸の根芹をあらひこそすれ」とうたを詠んだことが由来ではないかとも言われています。

1923年(大正12年)に関東大震災があった後、復興都市計画により区画整理が行われ、町名も変わりました。1947年(昭和22年)神田区と麹町区が合併して合併し千代田区となり、現在の神田「小川町」が誕生しました。小川町は数々の有名人のゆかりの地ともなりました。

小川町一丁目の日本新聞社で勤務していた俳人正岡子規、二丁目の現代の東京理科大学に通っていた作家夏目漱石、三丁目に住んでいた小説家永井龍男など文芸界の大物がこの地に存在していました。今はオフィスビルが立ち並ぶ神田「小川町」、清らかな小川は見えませんがその名前が証しし続けています。


北九州市八幡西区「本城」の由来 [福岡県]

北九州市の、洞海湾の奥の地区には、たくさんの遺跡や古墳跡など、歴史的な足跡がそこかしこで見られます。

貝塚の位置をたどれば、もともとの洞海湾の海岸線がいまよりずっとずっと内側だったことが図り知れます。
この地区のなかでもはや残されるものはその名前だけとなり、目に映して確認できるものがなくなってしまったもの。。。それが「本城」です。

権力を持ちすぎてしまった平清盛を打倒せんと源氏が立ち上がり、滅ぼした、あの有名な源平合戦。
源義経が大活躍した戦いですが、義経のそばにはいつも範頼(のりより)がいました。
気になる地名の由来_本城.jpg
源頼朝の弟であり、源義経の兄でした。

源範頼が源平合戦のときにこの地に城を築いた、それがこの「本城」の由来です。

本陣橋は、そこに本陣があったのではと思われがちですが、本陣橋が架かっている場所からきています。

それは本城と陣原の間。
それぞれの名前から文字をもらってつけられていたようです。

源平合戦のその後、義経は兄の頼朝に追われ最後は自害して果ててしまう、このお話は有名ですが、この地に城を築いた源範頼も、義経追放後、頼朝から謀反の疑いをかけられて殺されています。

ひたすら義経の影に隠れた範頼。せめてここに地名として残ってなぜか少しだけほっとしてしまいます。


熊本県、「熊本」の由来 [熊本県]

asosan.jpg
「熊本県」。

「熊」という言葉がつくせいか、どこか強そうな印象を受けます。

なぜ、「くまもと」という地名になったのか調べてみると、いろいろな話が登場します。

高知と低地の入り組んだ地形を指すという説。

曲がりくねった川のほとりを指すという説。

崖の下にある湿地を指すという説。

やはり、他にも多数見られるように、地形にちなんで名前がつけられるパターンが多いようです。

また、もともとは「隈本」と表記されていたそうですが、「隈」には、「おそれる」「かしこまる」といった意味合いが含まれるため、藩主であった加藤清正により、城名として強そうな「熊本」に変えられたという、いかにも戦国時代らしいエピソードもあります。

また、熊本といえば、「火の国」とも呼ばれますが、これはどうしてなのでしょうか。

熊本県は、もともと肥後国と呼ばれていた地域で、そこを治めていた有力豪族が「火君(ひのきみ)」と呼ばれる人たちで、その後、「火の国」という呼び名が生まれたそうです。

今となっては、すっかり当たり前の名前ですが、ちょっと掘り下げるだけでも、いろいろ読み取ることができ、歴史を知ることもできますし、親近感もわいてくるものですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

苦手なスピーチも、明日から得意になれる??? [耳寄り情報]

人前でのスピーチが不得意で苦慮している人は思ったより多いみたいです。

自分を取り巻く人たちにコンセプトが通じにくいとか、見ず知らずの人とどんな会話を楽しめばいいのか頭を抱えるという経験を持ち合わせていらっしゃいませんか。

そして、人前では肩に力が入り口が開かないとか、スピーチに押し潰されそうだといった憂苦もちょこちょこ聞かれます。

話し方にまつわる苦悩を日本コミュニケーション学院が主催する話し方教室において吹き飛ばしてもらえるのです。

日本コミュニケーション学院は25年以上もかけて業績を積んでおり、会話を繋ぐことがNGな人をきっちりトレーニングしてくれます。

タイプ別の講座を通して話し方のコツをつかみスピーチの腕が上がれば仕事でもプライベートでも上手くいく機会が増えるでしょう。

受講生の話し方の問題点を正しく把握して個別指導から集団授業まであることも日本コミュニケーション学院の特長と言えるでしょう。

まず最初はあがり克服の第一歩とも言える初学者コースにエントリーしてみませんか。

イケると思ったらマスタリーコースへとステップアップしていくことも可能です。

更に専門特化した課程として、他人との関係を上手に築く「人間関係・対人関係 改善 専門特化コース」は、一般的なビジネススキル向上の講座と同等以上のクオリティで、日本コミュニケーション学院の看板講座となっています。

どの講座でも「座学だけ」ということはないので、現場ですぐに活かすことができるようになります。

アドバンスコースを修了した人たちからも信じられないという成功体験話に事欠きません。

人との関わり合いについての悩みが解決されると、普段の生活が明らかに変わるでしょう。

東京都練馬区「中村」の由来 [東京都]

75513_39-01saginomiya.jpg

練馬区「中村」という地名の由来は親村から小村があちらこちらへと分かれて、
中央にある親村を中村、本村、本村と呼ぶようになったことが語源と言われています。

また「新編武蔵風土記稿」によると、かつて上鷺宮村、下鷺宮村、
現在の中野区上鷺宮・鷺宮を中心とする一帯は共に多摩郡に属しており、
「中鷺宮村」と呼ばれていました。その名が略され「中村」となったとも言われています。
ところが上鷺宮村、下鷺宮村と隣接はしていたが、
両者の中間に位置していなかったので、この説の信ぴょう性にかけるとの意見もあるようです。

地名の由来をたどるのは本当に興味深いものです。
真実を求めてタイムスリップしたいところです。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

神奈川県横浜市「元町」の由来 [神奈川県]

横浜市中区「元町」その名の由来を知るため1859年までさかのぼります。

images.jpg

当時横浜開港に伴い、横浜村が横浜の開港場として選ばれました。
それで、そこに住んでいた村人たちは現在の元町に移り住むことになりました。
当初は横浜本村と呼ばれていましたが、その後横浜元町となりました。

というのも、そこに移り住んだ村人たちが横浜開港に伴い変化していく
横浜村の様子を目にし、「本当の横浜村は(もともと)ここだ」という意味で横浜本村(元村)、
そして横浜元町と現在に至っていたのだそうです。

変わり行く故郷の姿を見て呼ばれるようになった元町。

現在は数々のファッションブランドを生み出した町として
全国から人々がやってくるおしゃれな街ですが、
歴史を紐解いていくと「元町」という名の背景には
ちょっと寂しい物語があったのですね。




タグ:横浜市 元町

神奈川県横浜市「港北区」の由来 [神奈川県]

image5.jpg

最近は体操の白井健三君ですっかり有名になった神奈川県立岸根高校。
あれだけクルクルひねりが入ると、本人よりも見ている方が目が回ってしまいそうです(笑)

そんな岸根高校、横浜市港北区にあります。
地名の由来はごく単純で、港町である横浜の北部にあるから、港北区となったそうです。
昭和14年のことだそうです。

ちなみに「岸根」の由来はもっと古く、明治以前に「橘樹(たちばな)郡岸根村」と呼ばれて
いたのが現在にも引き継がれているようです。


大きな地図で見る


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
前の10件 | -