So-net無料ブログ作成

竹橋 由来 [東京都]

「竹橋」の由来の一つにもともとこの橋が竹を編んで架けられたものだから「竹橋」と名付けられたという説があります。また、後北条時代にこの橋の近くに家臣在竹四郎が住んでいたからという説もあります。

竹を編んで造られたとされる由来はいつ頃の話なのでしょうか。

それは1590年(天正18年)までさかのぼります。時代は徳川家康が江戸に入城したころのことです。「竹を編みて渡されしより」ということばが残されており、それがこの「竹橋」の由来ではないかと言われています。竹橋は歴史的な出来事の舞台にもなってきました。

「竹橋騒動」と呼ばれる出来事です。明治初期に近衛兵の兵営が竹橋付近の北の丸に置かれました。1878年(明治11年)に西南戦争の論功と減給に不満を抱いた近衛兵たちが反乱を起し、大隈重信邸に発砲したのです。

現在の竹橋は1926年(大正15年)に関東大震災の復興事業により架設されたものでコンクリート製のアーチ型です。1993年(平成5年)には補強改修工事がなされ、周囲には東京国立近代美術館、科学技術館、日本武道館などがあります。たくさんの歴史を目撃してきた竹橋は現在もこれからも歴史を刻み続けていくことでしょう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。