So-net無料ブログ作成

東京都練馬区「中村」の由来 [東京都]

75513_39-01saginomiya.jpg

練馬区「中村」という地名の由来は親村から小村があちらこちらへと分かれて、
中央にある親村を中村、本村、本村と呼ぶようになったことが語源と言われています。

また「新編武蔵風土記稿」によると、かつて上鷺宮村、下鷺宮村、
現在の中野区上鷺宮・鷺宮を中心とする一帯は共に多摩郡に属しており、
「中鷺宮村」と呼ばれていました。その名が略され「中村」となったとも言われています。
ところが上鷺宮村、下鷺宮村と隣接はしていたが、
両者の中間に位置していなかったので、この説の信ぴょう性にかけるとの意見もあるようです。

地名の由来をたどるのは本当に興味深いものです。
真実を求めてタイムスリップしたいところです。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

神奈川県横浜市「元町」の由来 [神奈川県]

横浜市中区「元町」その名の由来を知るため1859年までさかのぼります。

images.jpg

当時横浜開港に伴い、横浜村が横浜の開港場として選ばれました。
それで、そこに住んでいた村人たちは現在の元町に移り住むことになりました。
当初は横浜本村と呼ばれていましたが、その後横浜元町となりました。

というのも、そこに移り住んだ村人たちが横浜開港に伴い変化していく
横浜村の様子を目にし、「本当の横浜村は(もともと)ここだ」という意味で横浜本村(元村)、
そして横浜元町と現在に至っていたのだそうです。

変わり行く故郷の姿を見て呼ばれるようになった元町。

現在は数々のファッションブランドを生み出した町として
全国から人々がやってくるおしゃれな街ですが、
歴史を紐解いていくと「元町」という名の背景には
ちょっと寂しい物語があったのですね。




タグ:横浜市 元町

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。