So-net無料ブログ作成
愛知県 ブログトップ

愛知県名古屋市「昭和区」の由来 【名古屋】 [愛知県]

img429[1].jpg

愛知県名古屋市昭和区(しょうわく)は、名古屋市を構成する16区のうちのひとつです。
区内には、名古屋市鶴舞中央図書館や、名古屋大学医学部、名古屋工業大学などの多くの大学があり、名古屋市の中心に近いところに位置しています。

そんな昭和区という地名の由来は、その地にあった御器所地区と広路地区との住人の間で、「御器所」という名前をつけることで対立が起こり、その中立的な名前である、元号の「昭和」という名前がつけられました。


大きな地図で見る

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

愛知県名古屋市 「名古屋」の由来 [愛知県]


大きな地図で見る

織田信長

戦国時代には織田信長や豊臣秀吉、柴田勝家、前田利家と多くの有名武将が生まれた土地である名古屋市ですが、その由来はどのようなものなのでしょうか。

名古屋という呼び方の前には南北朝時代の荘園に那古屋荘というものが記録されているそうで、これから「那古屋」と呼ぶようになったという説や、現在の佐賀県唐津市のあたりにあった名護屋城を由来にしているという説など諸説あります。

江戸時代には名古屋と名護屋がどちらも使われていたそうで、明治2年に尾張藩が名古屋藩に解消した際に故障が統一されたとのこと。

今でも名古屋の地名の由来には諸説あるようで、正確にはわかっていないようです。

ちなみに千葉県成田市や福島県苗代町など、名古屋という地名は多くあるようで、なにかその土地の特徴を表すため(簡単な例で言うと山の入口だから山口的な発想)の呼称なのかな、と私は思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
愛知県 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。