So-net無料ブログ作成
検索選択
神奈川県 ブログトップ
前の10件 | -

神奈川県横浜市「元町」の由来 [神奈川県]

横浜市中区「元町」その名の由来を知るため1859年までさかのぼります。

images.jpg

当時横浜開港に伴い、横浜村が横浜の開港場として選ばれました。
それで、そこに住んでいた村人たちは現在の元町に移り住むことになりました。
当初は横浜本村と呼ばれていましたが、その後横浜元町となりました。

というのも、そこに移り住んだ村人たちが横浜開港に伴い変化していく
横浜村の様子を目にし、「本当の横浜村は(もともと)ここだ」という意味で横浜本村(元村)、
そして横浜元町と現在に至っていたのだそうです。

変わり行く故郷の姿を見て呼ばれるようになった元町。

現在は数々のファッションブランドを生み出した町として
全国から人々がやってくるおしゃれな街ですが、
歴史を紐解いていくと「元町」という名の背景には
ちょっと寂しい物語があったのですね。




タグ:横浜市 元町

神奈川県横浜市「港北区」の由来 [神奈川県]

image5.jpg

最近は体操の白井健三君ですっかり有名になった神奈川県立岸根高校。
あれだけクルクルひねりが入ると、本人よりも見ている方が目が回ってしまいそうです(笑)

そんな岸根高校、横浜市港北区にあります。
地名の由来はごく単純で、港町である横浜の北部にあるから、港北区となったそうです。
昭和14年のことだそうです。

ちなみに「岸根」の由来はもっと古く、明治以前に「橘樹(たちばな)郡岸根村」と呼ばれて
いたのが現在にも引き継がれているようです。


大きな地図で見る


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

神奈川県横浜市鶴見区「鶴見区」の由来 【横浜】 [神奈川県]

300px-Yokohama_Baybridge[1].jpg

神奈川県横浜市鶴見区(つるみく)は、横浜市の副都心に指定されています。

しかし、鶴見区は、副都心であっても比較的多くの自然が残っていることで知られています。
そんな区内には、獅子ケ谷市民の森や、神奈川県立三ツ池公園などがあります。

鶴見区の名前の由来には、二つの説があります。
一つは、鎌倉時代に源頼朝がここで鶴を放ったといわれていることからこの名前が付けられた説と、もう一つは、「ツル」は、水路や河川の周辺地の意味を持ち、「ミ」は、周りや巡りという意味を持つことから、「鶴見区」という名前がついたと言われています。


大きな地図で見る

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

神奈川県相模原市「相模原」の由来 [神奈川県]

sagamihara.jpg

神奈川県、県央地区に位置する「相模原」。県内では、横浜市川崎市に次いで3番目に人口の多い都市です。その為、政令指定都市にも指定されています。

また、この地域に人々が住み始めたのは、何と3.5万年前くらいだそうです。

かつてこの地域は、「相模国」と呼ばれておりましたが、この相模という地名の由来には色々な説があるみたいです。

箱根から見下ろすという意味で坂上(さかみ)の「坂見の国」や、平地が少ないので「険み(さがみ」、「身狭上(むさがみ)」など様々あります。そんな色々な説に共通する点は地形に関係していることです。

つまり、相模原台地に由来しているんですね。


大きな地図で見る

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

神奈川県逗子市 「逗子」の由来 [神奈川県]

zushi.jpg

神奈川県逗子市です。
市内には、逗子マリーナがありますが、ここは、地中海のリゾート地をイメージして造られたそうです。

「逗子」の地名の由来ですが、
歴史は古く奈良時代からあるようですが、聖武天皇が東行の折、行基にお寺を作らせた後に、空海がここにお厨子をご図顕したことで名付けられたようです。

実際にこのお寺には、「逗子の地名発祥の寺」という碑があります。


大きな地図で見る

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

神奈川県横浜市磯子区 「氷取沢」の由来 [神奈川県]

hitorizawa.jpg

横浜市磯子区内の氷取沢町は、磯子区の南部の丘陵地帯にあります。
大岡川の水源があります。

鎌倉時代から「氷取沢」と呼ばれていたようですが、その当時は「火取沢」とも表記されることもあったようです。

地名の由来は、この地域の沢から氷をを取って、北条高時に献上したことから呼ばれるようになったようです。
そして、「火取沢」と書かれていたことに関しては、この近くに鍛冶場があったからという説もあるようです。
「氷」なのか「火」なのか地名の由来は定かではないようです。


大きな地図で見る

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

神奈川県横浜市中区 「山手町」の由来 [神奈川県]

yamate.jpg

横浜市の山手町は、高級住宅街としても知られ、観光地としても有名であります。
都市景観100選にも選定されております。

山手町は、開港後に外国人居留地とされた区域で、関内の居留地に対して南の高台に設置されたことで「山手」と呼ばれるようになったようです。
さらに、「山手」に対して関内は「山下」と呼ばれるようになりました。

山手町は、教会女子大学などもあり、素敵な街並みであります。


大きな地図で見る

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

神奈川県 「伊勢原市」の由来 [神奈川県]

isehara.JPG

伊勢原市は、神奈川県のほぼ中心の都市であります。
市内の大山は有名であり、また、渋田川の芝桜はとてもきれいで春になると見物客が多く訪れます。

大山は古く江戸時代では大山詣りが盛んになり、大山街道で大山阿不利神社へ参拝するため、多くの人々が訪れました。
「伊勢原」の由来は、江戸時代に、伊勢の出身の人が大山参詣の時に、松原の水音を聞いて開墾可能と悟り、代官の承諾を得て伊勢神宮の分社を創設したことに由来するとのことです。


大きな地図で見る

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

神奈川県川崎市中原区 「小杉御殿町」の由来 [神奈川県]

小杉御殿町.jpg

神奈川川崎市の小杉御殿町は、武蔵小杉駅の北の方にあり、多摩川から近く等々力に接しています。
町の東西を中原街道が、そして、府中街道も貫通している町であります。

「小杉御殿町」の地名の由来は、中原街道上にあった将軍の宿泊地である小杉御殿があったことからです。

江戸時代初期にはまだ、東海道が整備されていなかったので、中原街道は主要な道であったとのことですが、今では、住宅地が広がっております。


大きな地図で見る

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

神奈川県 「小田原市」の由来 [神奈川県]

odawara.jpg

戦国時代から江戸時代にかけて平山城として北条氏の本拠地として知られている小田原城がある小田原市ですが、地名の由来は実にさまざまであります。

昔の地名である「小由留木(こゆるぎ)」の草書体を読み誤ったことから、「おだわら」になったという説、
原野を開墾して小田となったという説、
田原や野原が続いているなどです。

都心からもそう離れていなく、伊豆箱根などを結ぶ地点としてとても繁栄しています。


大きな地図で見る

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
前の10件 | - 神奈川県 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。