So-net無料ブログ作成
検索選択
大阪府 ブログトップ

大阪府「高槻市」の由来 【大阪】 [大阪府]

250px-View_of_Takatsuki_city_central[1].jpg

大阪府高槻市(たかつきし)は、日本の大阪府北摂(三島)地域にあります。

大阪市と京都市の中間にあることから、ベットタウンとして発展してきました。

そんな高槻市という名前の由来は、二つの説があります。

一つは、神武東征の時にあったエピソードから、軍隊の旗印が月の形をしていたことからその土地を「高月」と呼ぶようになった説と、安満庄にあった天月弓杜が、「高月読杜」と呼ばれていたことから、その土地を「高月」と呼んだ説とがあります。


大きな地図で見る

大阪府「摂津市」の由来 【大阪】 [大阪府]

Torikai-train-base[1].JPG
大阪府摂津市(せっつし)は、大阪府の北摂(三島)地域にあります。

市内には、東海道新幹線の鳥飼車両基地、吹田操車場跡地、阪急電鉄正雀工場などがあります。

その摂津市の地名の由来は、もともと摂津市は「三島市」と市制施行されました。しかし、静岡県に同じ名前の市があることから、旧国名である「摂津国」から摂津市という名前がつけられました。

その他、大阪府の中で旧国名を使用している市町村には、「泉北郡和泉町」や、「河内市」などがあります。


大きな地図で見る

大阪府「貝塚市」の由来 【大阪】 [大阪府]

Mizumadera_Sanzyunotou[1].jpg

大阪府貝塚市(かいづかし)は、大阪府泉南地域にあります。

貝塚市は、貝塚御坊願泉寺が有名な他に、日紡貝塚女子バレーボールチームの本拠地があったことから、バレーボールの街としても知られています。

そんな「貝塚」という名前は、もともとこの地では「海塚」という漢字が使われていたといわれています。
しかし、16世紀後半に作られた寺内町には「貝塚」の文字が使われていました。

実際に、貝塚遺跡が発見された記録もなく、この貝塚という名前の本当の由来はわかっていません。


大きな地図で見る

大阪府「泉大津市」の由来 【大阪】 [大阪府]

280px-Izumiotsu-Sta004[1].jpg

大阪泉大津市(いずみおおつし)は、大阪府の泉北地域にあります。

泉大津市という地名の由来は、昔この地は、和泉国の国府の外港(国津)であったことからこの名前が付けられたといわれています。

そのため泉大津市では、名前の由来でもあるように、明治以降からこの地で毛布製造が盛んに行われてきました。今でも国内シェア90パーセントを誇る、産毛布の生産地として知られています。

さらに港湾には、堺泉北臨海工業地帯が広がり、物流の拠点としても発展してきました。


大きな地図で見る

大阪府「大阪」の由来 [大阪府]

通天閣


大阪関西を代表する都道府県です。

天下の台所と呼ばれていたほど商人がたくさん集まり
商業が盛んだったと言われているこの地は今もおしゃべりが大好きな人たちが多いです。
お笑い文化も関西出身の芸人が多いの特徴です。

そんな大阪の地名の由来は
室町時代の文献で大坂と記されていることから当時からそう呼ばれている。
おそらくこの坂の多い地形が名前の由来だと言われている。


大きな地図で見る

大阪府 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。