So-net無料ブログ作成

洗濯機、こんなぬめりも落とします。 [宮城県]

宮城県と呼ばれる様になったのは、こんな歴史がありました。
【宮城県の由来】 廃藩置県で「仙台藩」から「仙台県」となり、県成立時の県庁所在地であった郡名「宮城」に改められた。 地名の由来は、奈良時代に陸奥国府の多賀城が置かれ、朝廷の出先機関にあたることから「宮宅(みやけ)」と呼ばれていたものが、「みやぎ」に変化して「宮城」の字が当てられたとする説。 引用元:地名由来辞典
昔は仙台県の県庁所在地が宮城、、? 今はその逆で、宮城県の県庁所在地が仙台市、、、。 なんだかちょっと複雑です。 宮城県と言えば牛タン、笹かまぼこにずんだと美味しい物が沢山あります。三陸沿岸では、マダコが取れる事でも有名です。 タコのぬめりはタウリンと言って、栄養ドリンクに含まれている疲れに効く栄養素です。 しかし、食べる為にはそのぬめりをしっかり取らなければなりません。 美味しく頂く為には、一時間も塩で揉み続けなければならず、かなりの重労働です。 取ったタウリンを飲めば、疲れも取れるかも、、、でもそういう訳にも行きませんね。 地元ではその作業をなんと、洗濯機にお願いするんだそう。 二層式の洗濯機に入れてすすぎのボタンをポチッと。 後はご想像通り、洗濯機の渦の中を洋服、、、ではなくタコが回ります。 今はあまり見かけない二層式の洗濯機に、こんな需要があるなんて驚きです。 タコも釣り上げられた後、まさか洗濯機で洗われるなんて思いもよらなかったでしょう。 三陸沿岸では2017年末から異例の豊漁で、例年の八倍ものタコが水揚げされているのだとか。 美味しい物が沢山取れるのは嬉しいですね。 今頃二層式洗濯機もフル稼働しているのではないでしょうか。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。